Google AdSense申請。「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」の対策。

記事が溜まってきたので、Google AdSenseの申請を行いました。
1回目は落ちて、2回目で合格しました。
審査の内容と今回行った対策などを書いていきます。

Google AdSense 1回目の申請

申請を行った時の状況は以下の通りです。

  • ブログはWordPressを使っていて、テーマに無料で使える「Lightning」を使っています。
  • 独自ドメインにサブドメインを付けて運用しています。(naoya.aja0.com)
  • Googleアナリティクス、Googleサーチコンソール、にほんブログ村に登録済みでした。
  • 申請を行った時は18記事程ありました。
  • Twitterのタイムラインを表示しています。
  • プライバシーポリシー、サイトマップは設置していました。
  • 他のアフィリエイトバナーを数カ所設置していました。

こんな感じでしょうか。

審査結果

審査の結果がでるまで10日程かかりました。

このたびは Google AdSense にお申し込みいただきありがとうございました。お申し込みを確認させていただきましたところ、残念ながら現時点では AdSense のご利用が承認されませんでした。

お申し込みが不承認となった理由につきましては、google.com/adsense でご確認ください。お申し込み時にご登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインしていただけます。

なお、お申し込み内容を更新し、再提出していただくことも可能です。お客様のアカウントがプログラム ポリシーに準拠しているかどうか、Google の担当者が確認いたしますので、上記の問題をすべて解決していただいた上で再度ご提出ください。

詳しい情報や AdSense アカウントの開設に関するヒントについては、こちらのヘルプ記事をご覧いただくか、広告主様が AdSense のおすすめの方法を共有するコミュニティである AdSense ヘルプ フォーラムをご覧ください。AdSense プログラム ポリシーと AdSense 利用規約もご確認ください。

AdSense へのお申し込み状況について by Google AdSense

結構待たされましたが、承認されませんでした。残念!

落ちた理由は「価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない」でした。
詳細な理由は書いておらず、対策が全くわかりませんでした。

対策

落ちた理由をググりながら、対策を検討していきました。

Lightningのサイトマップ

まず気になったのが、サイトマップです。
Lightningが生成するサイトマップは簡素すぎます。
サイトマップはあればいいくらいに思っていたため、使用しているテーマの機能をそのまま使っていました。。
→「PS Auto Sitemap」プラグインを使って、自動生成するようにしました。こちらは各投稿のタイトルまで表示してくれます。

「お問い合わせ」がなかった

「お問い合わせ」がありませんでした。各記事からコメントができるので、それでいいやと思っていました。
→「Contact Form 7」プラグインを導入し、お問い合わせページを作成しました。ついでにGoogleの’reCAPTCHA’も導入しました。

アフィリエイトバナーの削除

他のアフィリエイトバナーを数カ所設置していたので、そちらを一旦削除しました。

プロフィールの作成

「プロフィール」ページがなかったので、作成しました。

高速化対応

Googleの「PageSpeed Insights」でテストしたところ、性能があまりよくなかったので、高速化の対応を行いました。
・WordPressの「Autoptimize」プラグインを導入しました。
・「Lightning」テーマの高速化設定を行いました。

Google AdSense 2回目の申請

どこまで対策していいかわからなかったので、とりあえず上記の対策で再申請してみました。

審査結果

審査の結果がでるまで5日程かかりました。

なんとか合格できました。😊

まとめ

2回目で合格することができましたが、具体的な原因はよくわかりませんでした。
一番は「お問い合わせ」だったと思います。プライバシーポリシーにもお問い合わせ情報は入れておいた方がよいと思いました。

参考にして頂けると幸いです。


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA