Lightningテーマで最終更新日時を表示しない方法

通常WordPress のテーマを使うと、投稿された記事に投稿日と最終更新日時が表示されます。

最終更新日時が表示されている

しかし、長期変更していない記事を文字校正程度で更新してしまうと、いつの記事なのか分かりづらくなります。

また、Google検索のスニペットに表示される日付にも影響されてきます。日付が表示されなくなることもあります。

Google検索結果

ということで、このブログでは最終更新日時を表示しないようにしました。

Lightningテーマを修正

構成

現状のバージョンは以下の通りです。

WordPress 5.6
親テーマ: Lightningバージョン: 13.4.2
子テーマ: Lightning Childバージョン: 9.0.5

テーマファイルの修正

修正するファイルを親テーマから子テーマにコピーします。

コピー元:lightning/template_parts/post/meta.php
コピー先:lightning-child/template_parts/post/meta.php

meta.php の以下の行(12行目)を削除すれば最終更新日時が出力されなくなります。

<span class="entry-meta_items entry-meta_updated<?php echo $meta_hidden_update; ?>">/ <?php _e( 'Last updated', 'lightning' ); ?> : <span class="updated"><?php the_modified_date( '' ); ?></span></span>

最終更新日時が表示されなくなりました。

追記

2021/02/09

管理画面に設定がありました。

外観 > カスタマイズ > Lightning デザイン設定から
「投稿詳細ページで最終更新日を表示しない」をチェック

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA