ラオス・ヴィエンチャンでのタイの観光ビザ取得【2020年版最新情報】

ラオスへタイの観光ビザを取得してきました。観光ビザを取得するのは今回が初めてです。
取得方法をレポートします。

  • オンラインでビザ申請予約をする
  • ビザ申請に必要な書類
  • ヴィエンチャンまでの行き方
  • ラオスのタイ領事館での手続き方法
  • 帰り方

オンラインでビザ申請予約をする

2019年2月から、タイのビザをラオスのヴィエンチャンで取得する場合、事前の予約が必要となったようです。

以下の予約サイトから予約します。

Consular Section, Royal Thai Embassy Vientiane Lao PDR

「Book your Appointment」のボタンをクリックします。

その後、ログイン画面になります。初めて登録する人は「Sign Up Now」をクリックします。

次の画面で、名前、ミドルネーム(省略可)、苗字、Eメールアドレス、電話番号、パスポートナンバー、国籍(選択)を入力します。

sign upを押すと記入したメールアドレスにメールが届きます。
※自分の場合はメールが届くまで3時間ほどかかりました。すぐには届かないようなので気長に待ちましょう。

送られてきたメールに、パスワードが書かれているので、それでログイン画面からログインします。

ビザの種類(観光ビザの場合はtourist)と日付を選択して「search availability」をクリックすると空席が表示されます。時間帯はどの日も09:00 – 12:00になっていました。
日時を確認の上「book appointment」をクリックすれば無事終了です。
後ほど予約完了のメールが届きます。(自分の場合は二日後に届きました)

ビザ申請に必要な書類

  • 予約完了メールを印刷した紙
  • パスポート
  • ビザ申請代、1,000B(観光ビザ)
  • 写真(背景は白)
  • パスポートのコピー(顔写真ページとラオス入国スタンプのあるページ)
  • ビザ申請用紙

ラオスのタイ領事館の隣に代書屋がいますので、コピー、ビザ申請用紙はそこでも入手可能です。
コピーについてはラオス入国時のスタンプが押されているページが必要なので、どのみちラオスで入手しなくてはいけません。

ビザ申請用紙はホームページからダウンロードできます。予約サイトトップ画面から「Download Application Form」をクリックします。

あと、あった方がいいと言われて、預金通帳とそのコピーを持っていきました。3万バーツ以上の預金証明になります。

携帯SIM

やはり通信ができないと何かと心配なので、念のためラオス用SIMがあった方がいいと思います。
AISのSIMでラオスのローミングサービスがありましたので、そちらを使いました。

ヴィエンチャンまでの行き方

時間帯が9:00-12:00なので、飛行機ですとギリギリで前日入りしなければなりません。
ヴィエンチャンまでの直行バスもありますが、11時間バスに座っていくものかなりきついと思い、今回は寝台列車を使うことにしました。
バンコクから寝台列車でメコン川手前のノンカイまで行き国境を超え、あとはタクシー等でタイ領事館まで行きます。

当日、タイ国鉄のクルンテープ駅の窓口へ行って、パスポートを提出して、20 時発のノンカイ行きの切符を購入しました。 「NONKAI」と言えば伝わります。

ノンカイ駅到着すると、 駅前にトゥクトゥクが止まっているので、「ボーダー(国境)」 と言って乗ります(何人かで乗り合わせる)。国境まで 30 バーツでした。

国境についたら、タイの出国ゲートの建物があります。ここに並 んで、パスポート提出し出国手続きをします。その後、 20 バーツでバスチケッ トを買い、国境越えのバスに乗ります。

バスでメコン川を越えてラオス領内へ。到着したらラオスの入国手続きをします。

入国すると、白タクや乗り合いバスの人々から声がかかってきます。「タイエンバシー」 と言えば伝わります。
今回は白タクを使いました。領事館まで30分くらいかかり、料金は200バーツでした。

ラオスのタイ領事館での手続き方法

予約日の9:00-12:00に申請し、パスポートをタイ領事館に預け、翌営業日の13:30からパスポートを受け取りに再度タイ領事館へ行きます。

ラオス1日目

タイ領事館に着くと代書屋が声を掛けてきます。今回は初めてなのでお願いしました。

この人に、写真、パスポート、タイでの住所を書いた紙を渡すと、 書類を作ってくれてコピーもとってくれます。 代書費用は 100B と聞いていたのですが、200Bもとられました…orz
パスポートのコピーに自分でサインをします。

7:30頃タイ領事館に着いたので、申請開始の9時までは結構時間が空きました。隣の食堂みたいなところで、コーヒー飲んでました。40バーツでした。(バーツで払いました)

9時になると門が開き、キュー番号(予約完了メールに書かれてあるQueue #)順で呼ばれて中に入ります。
窓口に 書類を提出し不備がなければ受理されて、パスポートを預けます。引換証を受け取りこの日はこれで終了となります。残高証明は預金通帳のコピーを書類と一緒に提出しただけで特に何もいわれませんでした。
すぐに終わって、9:15には領事館を出ていました。

この日はラオスに宿泊します。

ラオス2日目

翌日、13:30に再びタイ領事館へ。「QUEUE #.キュー番号」順に呼ばれ中に入ります。
順番に窓口に行って、ビザ代を払い(1,000B)、無事新しいビザが貼られたパスポートを受け取りました。

今回は何事もなくスムーズにビザを取得することができました。
この日もラオスに泊まり、明日バンコクに戻ります。

帰り方

帰りは飛行機を使いました。
タラートサオのバスターミナルからウドンタニ行きのバスに乗り、ウドンタニから飛行機でバンコクに帰ります。

タラートサオバスターミナルの切符売り場で、パスポートを出し、タイ・ウドンタニ行の 国際バスチケットを購入します。22,000キープでした。

バスに乗車し、ラオスの出国手続き、メコン川を渡り、タイの入国手続きを経て、タイのウドンタニに行きます。

ウドンタニのバスターミナルまで約2時間20分くらいかかりました。

ウドンタニのバスターミナルからタクシーで空港まで行きます。120バーツでした。

あとは飛行機に乗ってバンコクまで帰ります。

ラオス・ヴィエンチャンでのタイの観光ビザ取得【2020年版最新情報】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA