はじめての90日レポート@バンコク

90日レポートの時期がきました。

前回はエージェント経由で申請しましたが、今回は始めて自分で申請してみました。90日レポートの申請は2回目になります。

場所 (チェーンワッタナー入国管理局)

イミグレーションオフィスは、タイ王国政府総合庁舎(Government Complex)という巨大な施設の中の、政府総合庁舎B棟(B Building)の2階にあります。

ビザ延長(30日間)の申請で一度来たことがあります。

バンコク イミグレーション (入国管理局)
政府総合庁舎B棟 (The Government Complex Building B)
営業時間:8:30~12:00 13:00~16:30(月曜日~金曜日)

政府庁舎 タイ王国政府総合庁舎 – Wikipedia タイ王国政府総合庁舎 (Government Complex)

行き方

2020年6月5日より、BTS Wat Phra Sri Mahathat駅が開業されていますので、この駅からタクシーで行きました。

1番出口からでます。

必要書類

  • パスポート
  • TM47(下記よりダウンロード印刷し、事前に記入していきました)
  • TM30(アパート大家より入手した画面キャプチャを印刷していきました)

90日レポート申請書(TM47)ダウンロード

下記ダウンロードサイトから、PDFファイルをダウンロードする事ができます。

TM47の用紙は「17. FORM FOR ALIEN TO NOTIFY OF STAYING LONGER THAN 90 DAYS (TM.47)」の書類になります。

直接リンクはこちらになります。

https://bangkok.immigration.go.th/wp-content/uploads/Form-TM-47.pdf

申請の手順

  • 平日(水曜日)の朝一8:00頃に着きましたが、かなり並んでいました。
  • 営業時間は8:30からです。
  • パスポートと記入した書類を見せてキューナンバーをもらいますが、「90日レポート」は奥の方のキューカウンターで他とは別になっていました。
  • 24番目でした。
  • 自分の番号が呼ばれたら、カウンターで手続きします。
  • 不備がなければ1、2分で終了するとのことでしたが、10分程度時間がかかりました。
  • 前回エージェント経由で申請したためと思われます。。
  • 無事に申請することができました。
  • 9:00には終了しました。
  • 9:00頃の入り口はほとんど人が並んでいませんでした。この時間帯に来るのがよいかもしれません。

まとめ

  • はじめての90日レポートでしたが、無事に申請することができました。
  • 朝早く行きましたが、6時台のBTSはかなり人が混んでいました。
  • 30分前に着きましたが、既にかなり並んでいました。
  • 書類(TM47)は記入していったほうがいいと思います。営業後(8:30)からでないと書類をもらえないようで、朝早く行っても並べないと思います。
  • パスポートのコーピー等は必要ありませんでした。
  • 行きは、BTS Wat Phra Sri Mahathat駅から、タクシーで70バーツ位でした。
  • 帰りは、BTS Wat Phra Sri Mahathat駅まで、バイタクで100バーツでした。
  • 行きのタクシーですが、かなり北側の方で降ろされました。下記の「Immigration Chaeng Wathana」を指定したほうがよいと思います。

参考

【タイ】90日レポートの書き方と必要書類
90日レポート,TM30|タイでの居住地申告制度の説明 タイの90日レポート(TM47)|完全ガイド
バンコク入国管理局

ビザの種類 NON-IMM ノンイミグラントビザ

リタイアメントビザは NON-IMM

はじめての90日レポート@バンコク” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA