ノービザでもタイで銀行口座開設。クルンシィ(krungsri)銀行。2020年版最新情報

タイでの銀行口座開設、ノービザでの開設は年々厳しくなってきてると聞きます。

その中で、ノービザ旅行者でも比較的簡単に口座開設ができるという、krungsri銀行に行ってきました。

場所

krungsri銀行は日本語デスク設置店があり、日本語での対応が可能です。
日本語デスク設置店

  • エムクオーティエ支店
  • バンコックトンソン支店
  • ジェイアベニュートンロー支店
  • ロビンソンシラチャ支店

今回行ったのは、BTSプロンポン駅直結のエムクオーティエ支店に行ってきました。

口座開設

Japanese Desk Staff, Please と言えば、日本語スタッフの方が対応してくれます。

自分の場合は、ノービザですが、アパートの契約書があったのでそれを持っていきました。

非居住者口座(NRBA: Non Resident baht Account) はすぐに作ってもらえました。
パスポートとタイでの電話番号が必要です。
初回の預け入れ額500THBとカード発行手数料等500THBが最低かかります。

ですが、今回はカードの在庫がないためここではすぐに発行できないといわれ、しかたなく、別支店で発行してもらうことにしました。
通帳を作ってもらって、別支店のバンコックトンソン支店に行って、カードを発行してもらいました。別支店での発行手数料で30THBが別途かかりました。

これでしたら、最初からバンコックトンソン支店に行っていればよかったとちょっと思いました。。残念

口座維持

12ヶ月未使用の場合ロックされます。ロック解除にはパスポートと通帳を持って窓口で対応する必要があります。
預金額が2,000バーツ以下になると、月に50バーツの維持費がかかります。2,001バーツ以上で維持費はかかりません。

普通口座開設できる?

アパート契約書を持っていきましたが、その契約書には住んでいる住所が記載されていないことがわかりました。

伺った話によると、アパート契約書に現住所が記載されていて、オーナーのIDカードのコピーがあれば、ノービザでも非居住者口座ではなく、通常の居住者口座を作成できると伺いました。

またの機会に挑戦してみたいと思います。

ノービザでもタイで銀行口座開設。クルンシィ(krungsri)銀行。2020年版最新情報” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA